地福寺(気仙沼)

地福寺(気仙沼)
「めげない にげない くじけない」地福寺のサイトへようこそ

2016年12月5日月曜日

本日の地福寺(2016年12月5日、はれ)


本日の地福寺周辺は晴れ。風にぬくもりが感じられるくらいの陽気です。寒さがひと段落、これからの師走の忙しさに備えて、色々やっておけ、という意味でしょうか。ひとつ季節が戻ったのか、はたまた次の季節が来てしまったのか、というくらいの気候です。


心なしか境内の木々も青々と、元気よく葉を伸ばしているように見えてきます。


海に目をやると、それほど波が高くないようです。いつもの白波は今日は余り見えません。また工事現場に掲げられている旗も、小休止と言った風情でそよそよとしています。


この活け花は池坊師範の鈴木優月さん(地福寺花園会女性部れんげの会の庶務をつとめられています)が定期的に活けてくださっているものです。


地福寺の玄関に、パンフレットの棚を設置いたしました。これまでよりも見やすく、手に取りやすくなりました。地福寺に心寄せていただいているミュージシャンの情報なども掲示しておりますので、お越しの際にご覧になってみてください。


こちらは花園会館の地福寺グッズの展示スペースです。スッキリ見やすく、花園会館をより広くのびのびと活用できるようになりました。


花園会館には来年の干支の姿も。正月を感じたような気がして、ついシャッターを切ってしまいました。

2016年11月29日火曜日

本日の地福寺(2016年11月29日、はれ)


本日の地福寺周辺は晴れ、ときどき冷たい空気に雪の粒が混じったようにも見えました。だんだんと冷え込んでまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

随分流行っていたように思える風邪も、皆一周りしたのでしょうか、少し収まってきたように思えます。引き続き体を大事にしたいですね。


今日は法要のかたわら、来年の年始に配布する花園会だより(お寺の新聞)の編集会議を行いました。各役員から預かった原稿を配置していき、写真をはめ込んでみると、まるで新聞ができたようです。これから細かい部分の調整をおこない、年始の発行を目指して準備をしてまいります。


11月21日「安田智彦 with 小濱安浩 スペシャルコンサート in 地福寺」を開催しました


11月21日、地福寺花園会館にて、「11月21日 安田智彦 with 小濱安浩 スペシャルコンサート in 地福寺」を開催しました。安田智彦さんと小濱安浩さん、ふたりのサックスのコンビネーションに、つめかけた100人以上の聴衆は大いに盛りあがりました。


また2部では片山住職による「被災地ブルース」、地元気仙沼のシンガーソングライターの多喜子さん、地元の高校生などによるセッションタイムもとても盛りあがりました。演奏したミュージシャンによると、こうしたセッションタイムで高校生がステージにのぼるのはとても珍しいそうです。観客もおおいに拍手をし、飛び入りの若い演奏者を力づけていました。

2016年11月18日金曜日

11月21日 安田智彦 with 小濱安浩 スペシャルコンサート in 地福寺


既に、地福寺ではみなさんをお迎えする準備が始まっています。11月21日(月)18:30〜、安田智彦 with 小濱安浩 スペシャルコンサート in 地福寺に足をお運びください。


11月21日、地福寺にて、サックスにフォーカスしたジャズのライブコンサートを開催します。

仙台のサックスプレーヤー、安田智彦さんは気仙沼でも大変有名ですし、地福寺のブログでも何度も紹介させていただいておりますのでご存じの方も多いのではと存じます。

今回は、サックスプレーヤーの小濱安浩さんを迎え、5人編成のバンドで演奏していただきます。

当日はセッションタイムあり、ということですので、腕に自信のあるかたの共演も楽しみにしております。

問合せは食工房貞秀 0226-24-5115 までお願いいたします。

本日の地福寺(2016年11月17日、晴れ)


本日は抜けるような青空の地福寺周辺です。昼になると気温もそこそこに、陽が当たるところは温かくも感じます。もちろん寺務所は石油ストーブがフル稼働しています。

今日は、「地福寺花園会だより新春号」の編集会議をおこなっておりました。この準備をする頃になると、いよいよ年末、という感じがいたします。


朝晩の冷え込みは段々と厳しくなってきましたね。冬の備えは万全でしょうか。


今日は洋上の波が低く、あまり白波は見えません。すっきりと晴れ渡っているので海の境界線もくっきり、遠くサンフランシスコが見えそうです。


この活け花は池坊師範の鈴木優月さん(地福寺花園会女性部れんげの会の庶務をつとめられています)が定期的に活けてくださっているものです。

前回ご紹介したときは夕方暗くなってからの撮影でした。今回はお昼ころに撮影しましたが、やはり時間帯によって雰囲気が大きく変わりますね。地福寺に訪れるみなさんの目を愉しませてくれています。

2016年11月7日月曜日

「観月の夕べ」方広寺(浜松)のビデオが届きました



去る10月22日、静岡県浜松の方広寺にて、音楽説法グループ「カッサパ(三迦葉)」での公演を行ってまいりましたが、そのときのビデオが届きまして拝見しておりました。

上の動画はそのなかからほんの1分だけ抜き出したものですが、カッサパ(三迦葉)のメンバー全員で出した音が詰まっており、先日の公演の熱気がよみがえるようです。

ご来場頂きましたみなさま、また開催・会場関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

地福寺復興支援グッズのご紹介


地福寺では「地福寺復興支援グッズ」として、住職手書きのだるまなどを販売しております。上の写真は色紙です。家内安全、諸願成就、商売繁盛、開運招福など、あなたにピッタリのだるまをお求めください。


そのほか、写真の手書き石だるまをはじめ、風呂敷、ミニ掛け軸、手ぬぐい、十句観音経(地福寺オリジナル)、お守り、Tシャツ、めげないにげないくじけ米など、お土産にもご利用いただけます。


音楽説法グループ「カッサパ(三迦葉)」のCDもございます。地福寺においでの際は、花園会館にて東日本大震災以降の資料や写真などご覧いただきながら、地福寺復興支援グッズも併せてご覧ください。